和楽器バンドのベース担当 亜沙について!性別に驚愕

和楽器バンドのメンバー 亜沙について ライブ映像とともに 和楽器バンド
スポンサーリンク

はいこんにちは。

最近活躍している個性的なバンド、「和楽器バンド」ご存知でしょうか?

このページに来られたということは、あなたはこの「和楽器バンド」ついて知っているか、あんまり知らないけど気になっているんでしょう。

個性的な8人のメンバーによる個性的なバンド「和楽器バンド」は、読んで字のごとく日本の伝統を引き継いだ「和楽器」を使って演奏しているバンドです。

もともとYou TubeやVOCALOIDのファンの注目を集め、インターネット上で人気に火がついたこの「和楽器バンド」のメンバー、「亜沙」さんについて今日は書いていこうと思います。

亜沙さんのプロフィールや経歴、ソロ活動についてなんかをいろいろと紹介していきますので、どうぞごゆるりと。

和楽器バンド関連記事↓

スポンサーリンク

和楽器バンド 亜沙について調べたら性別にビックリ

亜沙さんは和楽器バンドのベーシストです。

バンド内でも特に謎めいた魅力を放っているメンバーでもあります。

何が謎なのかというと、見た感じとっても可愛らしい女の子に見えるのですが、実は男です。

しらずにうっかりときめいてしまっていた男性も多いのではないでしょうか、僕ももれなくその1人です。

男性と知った時の衝撃といったら言葉では表現できるものではないですね。

しかし、男性とわかった上でもそっと抱きしめたくなるほどの見事な仕上がりです。

もし亜沙さんが良いと言うのなら、いっそそっちの世界に身を投じても良いのではないかとさえ思ってしましますね。

そんな魅力に満ちた亜沙さんなんですが、現在は和楽器バンドのベーシストとしての活動の他に、ソロ活動や、VOCALOIDを使って活躍する”ボカロP”としても活躍しています。

スポンサーリンク

和楽器バンド 亜沙さんの代表曲

亜沙さんが自身で作成した楽曲の代表作には、「吉原ラメント」という曲があり、You Tubeにアップされた動画は2017年9月の時点で、155万回以上も再生されています。

この「吉原ラメント」は、あのラスボスとして有名な大御所「小林幸子」さんを始め、複数のアーティストさんがカバーしたり、「歌ってみた動画」も多数アップされています。

この歌はVOCALOIDが歌うものと亜沙さん本人が歌うものがあります。

2つの違いを聴き比べると面白いので両方貼り付けておきますね。

まずVOCALOIDが歌うものからどうぞ。

歌の内容や雰囲気と、昔の吉原の悲しい文化が表されている映像がよくあっていてとても良いですよ。

この「吉原ラメント」を元に小説も書かれていまので興味がある方は是非読んでみてください。

亜沙さんの作成するボカロ曲は江戸の頃の日本をイメージした歌が多くて、映像もそれに合わせて昔の日本を描いた物が多いです。

 

さて、続いては、ソロライブにて亜沙さんご本人の歌う映像です。

この可愛らしい見た目から発せられる、男前な美声に結構な衝撃を受けたんじゃないでしょうか。

コレだけ可愛くて美声なら、男の姿の時もかなりモテるんでしょうね。

男にも女にもモテるなんて羨ましい限りです。

作詞作曲、ベースに歌まで歌えるなんて、かなり多彩な人ですね。

スポンサーリンク

和楽器バンド 亜沙さんの個人的な話しとプロフィール

亜沙さんのプロフィールはこんな感じになっています。

  • 名前:亜沙(あさ)
  • 誕生日:12月18日(生れ年不明)
  • 出身:埼玉県
  • 性別:男性

亜沙さんは、昭和音楽大学作曲科に通っていたそうで、途中退学していますが、曲作りの基礎なんかは大学で身につけたんでしょうかね。

プライベートなところでは、映画とかゲームとかが好きなようですね。

クリエイティブな発想の素は、映画やゲームから連想されて生まれているのかも知れませんね。

もちろんパソンコンも無くてはならない物だそうです。

VOCALOIDや作曲をするのに必ず必要になってきますから、大事な商売道具ですもんね。

和楽器バンドの他のメンバーにちょくちょく眠っているところを撮影されたりしていて、ファンたちの間では「寝るのが好き」というイメージが浸透しているそうですよ。

あんな可愛い顔で居眠りしていたら写真も摂りたくなりますよね。うっかりキスしてしまいそうです。

スポンサーリンク

和楽器バンドのメンバー 亜沙についてまとめ

て、いうことで今回は、人気の個性派バンド「和楽器バンド」のベーシスト亜沙さんのことをいろいろ書いていきました。

可愛いくせに性別が男という謎めいたが魅力満載でしたね。

和楽器バンドでの活動もソロでの活動も要注目です。

今後の活躍も期待されます。

和楽器バンド関連記事↓

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント