蜷川ベにの動画まとめ!和楽器バンド三味線奏者を見つくそう

和楽器バンドのメンバー 三味線奏者の蜷川ベにを動画で見つくそうよ 和楽器バンド
スポンサーリンク

はいこんにちは。

人気の和楽器バンドで津軽三味線を華麗に演奏する、蜷川べにさん。

美しくて妖艶で、可愛くもあって、そして三味線弾く姿はカッコイイですよね。

いろんな魅力がたっぷり詰まった、和楽器バンド三味線担当メンバー 蜷川べにさんの大人気弾いてみました動画を集めてみましたので、感想なんかも交えながら見ていきましょうね。

それでは、ごゆるりと。

和楽器バンド関連記事↓

スポンサーリンク

和楽器バンド 蛭川べにの 情熱大陸 津軽三味線version

葉加瀬太郎さんの情熱大陸です。

カッコイイですねー。

津軽三味線のテクニックはさすがです。

そして音色がやっぱり良いですね。日本人の心に響きます。

さらに、蛭川べにさんの衣装がたまりませんね。

透き通るような白の着物からはだけ出た、さらに透き通るような白くて美しい肌。

艶やかな太ももと肩に視線は釘付けになってしまします。

この蜷川べにさんの生演奏を目の前で体育座りで鑑賞したいですね。

これ以上贅沢なことは他に考えつきません。

音といい映像といい素晴らしい作品がまだまだ続きますよ。

スポンサーリンク

和楽器バンド 蛭川べにの 残酷な天使のテーゼ 津軽三味線version

誰もが知っている人気アニメ エヴァンゲリオン の主題歌です。

やっぱりカッコイイ。

曲が始まる前の前髪を気にする感じが乙女を感じさせますね。

そして真っ赤な着物からやっぱり出しちゃう白く艶めく柔肌。

可愛い目元を隠してしまうところがまた、その向こうが見たいという欲を駆り立てますね。

かわいがっているオウムの あおちゃん はなんて大人しい良い子なんでしょうか。

あんな真近で蜷川べにさんの生演奏が聴けるなんて羨ましい限りです。

僕もオウムに生まれればよかったのにと、あおちゃんに強く嫉妬してしまいます。

スポンサーリンク

和楽器バンド 蜷川ベニの ルオパン三世のテーマ78’ 津軽三味線version

コチラも大人気アニメのテーマソングです。

あのルパン三世が見事に和テイストになってますね。

五右衛門が活躍するシーンにぴったりです。

間奏のところの テレテレテレテレテレ♪ が凄いですね。

よくあんなに速く弾けますね。

そして不二子ちゃんを意識してなのか今回は、和装ではなくロングブーツに網タイツです。

これもなかなか妖艶ですが、やぱり白い柔肌がはっきり見えるほうが嬉しいですね。

最後に徹子の部屋のおまけもありますよ。

 

スポンサーリンク

和楽器バンド 蜷川べにの Bad Apple !! 津軽三味線version

原曲は、東方projectというゲームのBGMだそうです。

赤と黒のグラデーションがカッコイイ着物ですね。

そして大胆に露出している背中が見える所が良いですね。

そこからの太ももドーン!!ときて演奏開始です。

この演奏中の角度が魅せ方を良くわかってらっしゃる。

三味線のテクニックや音色も一級品ですが、見た目が良すぎてそっちばっかりに気がいってしましますね。

 

スポンサーリンク

和楽器バンド 「Jongara」 Live at Revolt Sessions 2016

和楽器バンドのライブでの蜷川べにさんの独奏が見られる動画です。

黒流さんの和太鼓とのセッションですね。

かなり迫力があります。

弾いてみた動画の部屋での1人の感じとまた違って良いですね。

楽しそうに演奏しているのがよく見えます。

やっぱりライブで仲間たちとみんなの前で演奏するほうが活き活きしてますね。

スポンサーリンク

Traditional Japanese Modern Music Shamisen Epic

外国人がYou Tubeにアップしている動画です。

やっぱり外国人にも人気なんですね。

公開されてから7ヶ月で35回再生されてます。すごいですね。

アメリカでのツアーの時の映像だと思われます。

蜷川べにさんの津軽三味線もかなりのもんですが、途中からの町屋さんのギターテクニックも素晴らしいです。

和楽器バンドの影響で津軽三味線が世界的に人気になって欲しいですね。

スポンサーリンク

和楽器バンド蛭川べにの三味線動画まとめ

はいどうでしたか。

蜷川べにさんの可憐なお姿と、見事な演奏を6つの動画で見てきました。

見れば見るほど引き込まれる魅力とテクニックですね。

あの美しさと艶やかさを兼ね備えた美女から奏でられる三味年の音色は全ての男性を虜にしてしまいそうですね。

これからも和楽器バンドもソロ活動もバリバリ活躍して、その振りまいてもらいたいですね。

和楽器バンド関連記事↓

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント