ニュージーランド随一の温泉地帯ロトルアで大自然の天然温泉

ニュージーランド随一の温泉地帯ロトルアで大自然の天然温泉 ニュージーランド
スポンサーリンク

はい、こんにちは。

 

Junyaです。

 

現在はタイの楽園のような島、ピピ島でのんびりしているんですが、ここは陽気な旅好き欧米時が多くとってもにぎやかです。

 

今回は、僕がワーキングホリデーで1年過ごしたニュージーランドで、一番ホットな温泉地帯だったロトルアを紹介します。

 

スポンサーリンク

ロトルアとは、どのようなところでしょう

 

僕はオークランドに住んでいた7ヶ月の間に4回ほどロトルアに遊びに行きました。

 

そのロトルアは一体どんなところか、ざっと説明しましょう。

 

北島にある地熱地帯

 

北島の真ん中にあるタウポ湖の北東80キロ位、車で約1時間のところです。

 

ロトルアにもたくさんの湖があり、いろんなアクティビティが楽しむことができます。

 

600位年上も前から先住民のマオリ達が暮らしてた地域で、今も残るマオリ文化が楽しめます。

 

環太平洋火山帯の真上にある地熱地帯でいろんな温泉があります。

 

街中が硫黄の匂い

 

ロトルアに入るとそろそろ近いなってのが鼻でわかるくらい、そこら中に硫黄の匂いが漂っています。

 

最初は強い硫黄の匂いが気になるかもしれませんが、そのうち慣れると思います。

 

温泉好きにはたまらない匂いかもしれません。

 

硫黄の匂い嫌いな人には辛い町かも。

 

色んな所に温泉や間欠泉

 

街全体のいろんな所に間欠泉や熱泥池があり、湯気が上がっていて常に温泉気分を味わえる温泉の聖地です。

 

バックパッカーズホステルのような安宿にも温泉が備わっているところもあって、僕のような貧乏旅でも楽しめます。

 

結構高いスパ施設や無料で入れる穴場の秘湯もありますので、事前の情報収集が大事ですよ。

 

いろんな間欠泉、温泉、熱泥池を見てまわれる施設もあって温泉地帯を全面に売り出しています。

 

マオリ文化

 

600年以上も前から住んでるマオリ族の文化は今でもロトルア各所に残されていて、いろいろな形で楽しむことが出来ます。

 

ロトルア周辺には複数のマオリ村がありマオリの文化や料理、迫力のショーで観光客をもてなしてくれます。

 

僕は行ってないんですが、ハカのショーが見られるそうです。

 

おそらく生で見るハカはすごい迫力で、鳥肌もんやと思います。

 

スポンサーリンク

ロトルアの行き方

 

バス

 

ウェリントンから約7時間

 

オークランドから約3時間半

 

その他各都市からバスがでているようです。

 

ニュージーランドのバス移動はインターシティーって言うバス会社が便利みたいです。 サイトはこちら

 

 

車で行くとオークランドからは3時間弱で行けます。

 

ウェリントンからは、5時間半かかります。

 

ニュージーランドは、日本と同じ左側通行ですので運転し易いですが、

ローターリー形式の交差点「ランドアバウト」や矢印信号の出るタイミングとかが、日本と違って最初戸惑ったりするので気をつけましょう。

 

温泉やテーマパークは町から少し離れたところにあるのでレンタカー借りて行ったほうが動きやすくて、楽しみやすくなります。

 

飛行機

 

街の近くにロトルア空港があり、日本からだとオークランド経由になります。

 

空港から少し歩いたところのバス停からバスが町まで出てるようです。

 

スポンサーリンク

楽しみ方

 

ロトルアには温泉も湖もマオリ村もあって、遊ぶところを選ぶのに困るくらいです。

 

僕が実際行ったところを紹介します。

 

ワイオタプ・サーマルワンダーランド

 

 

ロトルアから車で南に25分ほどのところです。

 

地熱活動によっでできたカラフルな熱地帯を間近で見てまわれます。

 

25コもあるさまざまな温泉池やクレーターなどのポイントを自分たちのペースで歩いて見てまわれるところで、ゆっくり楽しんでると2時間ほどかかります。

 

自然が創り出したカラフルな温泉の数々は見てて飽きませんよ。

 

大人一人32.5NZドル(約2,700円 2017年7月)です。

 

詳しくは公式サイトを見てみましょう → Wai-o-tapu thermal wonderland

 

ケロセネクリーク

 

 

ワイオタプから少し北に行ったところに流れている川なんですが、結構熱い温泉が流れてる川なんです。

 

ロトルア方面へ北へ向かう5号線から右に入る砂利道をしばらく進むと駐車場があって、粗末なトイレがあります。

 

更衣室とかはなく、そのトイレで着替えるか、車で着替えるか、もしくは茂みに隠れて着替えることになるので、水着は来ていったほうが良いです。

 

トイレはかなり粗末です。女の子は特に使用する気にはならないと思います。

 

駐車場の脇にある看板が指す方に小道があるので入っていくと、スグに川が見えます。

 

川沿いにしばらく歩くと川幅が広がった先に2メートルほどの滝があり、その滝の落ちたところが入浴スポットになってます。

 

滝の手前(滝の上)も浅いですが、入浴出来ます。

 

おそらく観光客や、地元の人たちが温泉を楽しんでるんで、スグわかります。

 

岩がいい具合にステップになってるところから下に降りるんですが、滑りやすいので要注意です。

 

温泉は結構集めですので冬に行っても楽しめると思います。

 

 

ここは無料で誰でも入れます。

 

 

ヘルズゲート

 

 

ここはロトルアの街から北東に少し行ったところにある、有料の温泉施設です。

 

ワイオタプ・サーマルワンダーランドのように温泉池を見てまわる事もできます。

 

入浴は普通に温泉入るだけなら、大人一人20NZドル(約1,700円 2017年7月)で、

マッドスパ(泥温泉)も楽しむなら、75NZドル(約6,200円 2017年7月)になり、結構高いです。

 

マッドスパは温泉に入りながら、泥を体中に塗りたくるやつです。顔にも塗りたくります。

 

肌がツルツルになるやつです。

 

ほかにもマッサージや何やらイロイロ楽しめるそうなんで、気になる人は公式サイトをどうぞ。→  Hellsgate

 

ポリネシアンスパ

 

ロトルアの街に隣接している温泉施設です。

 

街から歩いていけるので一番手軽に行けます。が、僕はあんまりおすすめしません。

 

中はそこそこ広く、温泉の数もまぁまぁあるんですがあんまりキレイではないです。

 

アジア系の人たちのツアーと思われる団体が、定期的にどっと入ってきて賑わいます。

 

まぁ海外の温泉ってこんなもんか。って感じでした。

 

大人一人29NZドル(約2,400円 2017年7月)

 

さらにお金払うともうちょっと良いエリアに入れるそうです。

 

貸し切り温泉もあるそうですので、そっちに入るといい感じかもしれません。

 

詳しくは公式サイトて確認してください。→  Polynesian Spa   日本語のページもあります。

 

その他イロイロ

 

その他、僕はまだ行ってないんですが、タマキ・マオリ・ビレッジや、

レッドウッド ファカレワレワ フォレスト、ロトルア湖やロトルア博物館などがあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ニュージーランド北島で温泉といえばロトルアです。

 

僕は4回も遊びに行ってるんですが、まだほんの一部しか楽しめてないんです。

 

ロトルアにはいろんな観光スポットがあるので何度行っても、何日居ても楽しめます。

 

またいつかたっぷり時間ととって遊びに行きたい場所です。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

[pt_view id=”f0ac9481bu”]

コメント