【タイ一人旅】バンコク プローンポンのラーメン屋青龍で食べてきた

【タイ一人旅】バンコク プローンポンのラーメン屋青龍で食べてきた タイ
スポンサーリンク

はい、こんにちは。

Junyaです。

バンコク2日目にして2軒目のラーメン屋に行ってきました。

昨日行ったのはらーめん亀王でした。

そして今日は青龍ラーメンってとこに行ってまいりました。

ご紹介しましょう。

 

プローンポン周辺のラーメン屋とかの記事

【タイ一人旅】バンコクでらーめん亀王発見。食べてきました。

【タイ一人旅】バンコク プローンポン駅近にあるグランドラーメン旨い

【タイ一人旅】バンコク プローンポンのラーメン屋 福田製麺

【タイ一人旅】バンコク プローンポンで讃岐うどんが食べれる店

【タイ一人旅】プローンポン駅近のラーメン屋で絶品レバニラ炒め90バーツ

 

スポンサーリンク

スケベ街にあるラーメン屋

プローンポン駅日本人の御用達のスケベ店が多数あるところで、街のあちこちに日本語の看板が出てます。

駅から、南東側に100mほどのところに、スケベマッサージと日本食屋が集まっている通りがあります。

そのちょうど真ん中あたりに青龍ラーメンが鎮座しています。

マッサージ前後に腹ごしらえするのにちょうど良いですね。

スポンサーリンク

こじんまりした店内

バンコク プローンポンの青龍らーめん

店はそんなに広くはなて、20席チョイくらいのキレイな店内です。

テーブル席が3つにカウンター席が7~8席ほど。

タイ人の店員さんが日本語で上手な接客してくれます。

英語も通じるようですよ。

スポンサーリンク

メニューはラーメンだけでなく

バンコク プローンポンの青龍らーめん

こちらメインのラーメンメニュー各種ラーメンに追加トッピングを乗せられます。

全部旨そうです。食べたいです。

ラーメンは最安値で150バーツ。(500円弱 2017年8月現在)

一番高いのでちゃんぽん240バーツです。

冷やしラーメンが気になりますね。

バンコク プローンポンの青龍らーめん

裏面はサイドメニュー。

チャーハン、ギョーザ、唐揚げ、チャーシューなど。チャーシューが旨そう。

ドリンクメニューも右に乗ってますが、水が有料です。

ボトル1本20バーツします。Free にしてほしいですね。

バンコク プローンポンの青龍らーめん

壁にも6種程の1品メニューが貼ってあります。そしてビールに焼酎、ウイスキーとなってて、酒にアテですね。

お酒、飲みたくなりますね。

ラーメンの麺の硬さも選べます。

Wi-Fiも繋がります。

ラーメン食べつつマッサージの店について検索するのもまた、よろしけり。

スポンサーリンク

注文からものの2分でラーメン登場

バンコク プローンポンの青龍らーめん

注文してからものの2分ほどと、かなりの早業で出てきました。普段急いでる客が多いんですかね。

ラーメンの見た目が最高!めちゃめちゃ旨そうじゃないですか?

そして僕の大好きなすりごまとニンニククラッシャーがテーブルに置いてあるサービス

バンコク プローンポンの青龍らーめん

このごまをガリガリしまくって、ニンニン最低でも2片以上は潰すのが僕の定番です。

ごまも全体がごまで覆われるくらいすります。

他にも紅しょうがまで置いててくれるなんてサービス良いですね。でも紅しょうがよりキムチが良かったな。

あと水がフリーなら最高なのに。

スポンサーリンク

ラーメンのお味は?

とってもグッドでした。

見た目の期待通りの味で、濃厚なとんこつがとてもよかったです。

でも麺がもう少し細い方が好きですね。

あとは全く文句の付けどころがない、優良ラーメンでした。

替え玉も40バーツでございます。

そしてお会計の時に次回替え玉サービス券をいただきたきました。これはかなり嬉しいサービス。

また食べに行きたいですね。

ちなみにランチタイムおトクなセットメニューがあるそうですよ。

スポンサーリンク

まとめ

と言うことで、プローンポン駅近くのスケベ街の真ん中の青龍ラーメンの紹介でした。

日本人がホントに多い街のようで、他の客もみんな日本人でした。

やっぱりタイに来る日本人はスケベ目的が多いんですね。

 

プローンポン周辺のラーメン屋とかの記事

【タイ一人旅】バンコクでらーめん亀王発見。食べてきました。

【タイ一人旅】バンコク プローンポン駅近にあるグランドラーメン旨い

【タイ一人旅】バンコク プローンポンのラーメン屋 福田製麺

【タイ一人旅】バンコク プローンポンで讃岐うどんが食べれる店

【タイ一人旅】プローンポン駅近のラーメン屋で絶品レバニラ炒め90バーツ

 

それでは最後まで読んていただいてありがとうございました。

 

コメント