ワーホリ中、ニュージーランドでドライブしていて盛大に事故った話

ニュージーランド
スポンサーリンク

はい、こんにちは。

 

Junyaです。

 

昨日はベトナムでバイクに乗ったって記事書いたら、ニュージーランドで事故ったこと思い出したんで今日はその話。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ニュージーランドの交通ルール

 

まずニュージーランドの交通ルールについて軽く説明しましょう。

 

走る方向は日本と同じ左側

 

左側通行です。これはありがたいですね。

車もほとんどが日本と同じ右ハンドルなので、日本で走るのと同じ感覚で運転できます。

 

オーストラリアも同じです。

イギリスが左側通行なんで、イギリスの影響を受けている国は左側通行が多いみたいです。

 

基本街中は50k/h、郊外は100k/h

 

標識によって速度を指定されている道以外は基本街は50k/h、街以外は100k/hです。

 

田舎の方に行くと100k/hで走れる道がダーッと続いています。

所々小さな町があってその間は減速し、街を抜けたらまた100k/hでダーって感じになります。

 

待ちの入り口にはデカデカと速度表示がされていますが、気を抜いてるとウッカリ速度超過してしまいます。

警察に止まられなくても、カメラで取られて後々請求が来ることがあるので気をつけましょう。

 

僕は結構速度気をつけて走ってたんですが、間抜けなので2回ほど請求が来ました。

 

ランドアバウトは中にいる車優先

 

ランドアバウトは、円形ロータリー型の信号のない交差線です。

左側通行の国では必ず時計回りに回ります。

ランアバウトに進入する時は、先に中で回ってる車の邪魔をしないようにします。

 

車が来てなければ一旦停止する必要はありませんが、そうでなければしっかり停まって入るタイミングを測りましょう。

 

二人上乗ってる車専用車両

 

主に都会にあります。

T2と書いてある標識が目印ですが、混んでるのにあんまり車が走ってない車線があれば、2人以上専用かバス専用です。

 

ポリスに捕まっちゃうので気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

事故った時の話

 

 

さて本題です。

 

安全運転で、自分は事故なんてしないと思ってても周りが安全運転してくれなければ事故に巻き込まれるんだと、思い知らされた出来事でした。

 

短期の留学生の女の子と温泉旅行

 

オークランドに移って一ヶ月ほど経った頃、前の週に知り合った留学生の女の子がね、

ロトルアに温泉入りに行きたいって話してたから「ほな連れてったるわぁ」って半ば強引に誘って、行くことになったんです。

 

まぁ二人ではなく、他の女の子も誘って。

オークランドから女の子二人乗せて、途中タウランガでもう一人拾って行くことになってたんです。

 

女の子3人と温泉行って、夜は4人部屋で御飯作って飲んで食って騒いでってなんて考えてたのに、、3泊3日で。

 

連休初日の朝のドライブ

 

オークランドから二人を乗せて出発。

連休初日の朝なんで都会は大混雑。郊外の方へ向かう道は渋滞でした。

車内はなかなか楽しい雰囲気で時間もあっという間に過ぎ、郊外に出るに連れて渋滞も解消されて行きました。

 

片側2車線以上の大きな道も抜け、右も左も見渡す限り牧場という「これぞニュージーランドの風景」って感じの所まで2時間ほどで来ていました。

両側一車線ずつの狭い道で中央分離帯もありません。

側道は舗装されていなくて、砂利。少し行けばもう牧場です。

 

なんだかんだで南島でも結構車に乗ってたし、

クライストチャーチからオークランドへも丸二日かけて車で移動やったんでニュージーランドの運転にもだいぶ慣れていました。

 

郊外なんで道が狭いとか関係なく制限速度は100k/hです。

でも最高100やでっていう制限なんで、80でも60でも構わんのです。

 

後ろの車さえ気にしなければ。僕はあんまり狭い道は飛ばさずに80k/hくらいまでに抑えていました。ただ慣れてるドライバーは余裕で100以上出します。

 

突然とんでもない光景が視界に

 

2時間ほど走って車内のテンションも良い感じに落ち着いてきた頃、相変わらず狭い道を走っていました。

右に左に緩いカーブがくねくね続きます。

 

ぼちぼちどっかで休憩でもしようかなと思いながら、左のカーブに合わせてゆっくりハンドルを切っていると、一台の対向車、黒のセダンが大幅にこっちにはみ出して来ます。

 

「ん?何かへんやな?」と違和感を感じたんですが、一瞬何が起きているのか理解するのに時間が掛かりました。

さらにその対向車は大きくセンターラインを越え、僕の車に吸い寄せられるかのようにこっちに向かってきます。

 

ほぼ対面で向かい合う状態になりやっと、ヤバイ!という状況を頭のなかで認識しとっさに「やんやねんこいつっ!!」と大声でツッコミを入れながら左にかわそうとするも、

片側一車線なので左側に車線はもう無く、そこは一段下がった全く舗装されてないデコボコ砂利道です。

 

完全に避けきれず車体の右4分の一ほど正面衝突し側面「ガガガガッ!!」と衝撃とともに左に弾かれて、

一段下がった砂利道のお陰で、車体が大きく傾きあっという間に天地逆転とともに停止しました。

 

最初に違和感を感じてから停止するまで5秒以内の出来事やったと思います。

 

最後のひっくり返ってる1秒間位の間は走馬灯のように、

これから楽しみにしていた女の子たちとのかけがえのない時間の想像が頭の中を巡っていました。

 

命からがら生還したら

 

 

まさに何がなんだかわけの分からない状況で、一生に乗ってた女の子たちの声を確認し、

ひとまず安心しつつもどうすれば良いのかさっぱりな状況です。

車の外からは、「Are you OK?」と外人の男の声。生きて入るが全くOKではありませんでした。

 

「どないしょう、こないしょう」と口々に言いつつも助手席に乗っていた女の子が「ココから出れそう!」とひしゃげた窓の隙間から這い出ていきました。

僕はとりあえずエンジンを切ってその後に続きます。

かなり狭いがひと1人なんとか抜けられるスペースを這い出ると、そこにはインド人風の男いました。

 

向こうを見ると黒のセダンが側道の岩壁に突っ込んで走行不能になっていて運転席のドアが開いています。

 

「こいつが犯人やな」と確信し、「何してくれてんねん!」下手な英語で怒鳴ると、

インド男はまさかの「お前が突っ込んできた!」と責任転嫁してきました。

「何言うとんねんアホか!」と交戦しながらも英語が下手なので、警察に旨いこと説明できんかったらこいつの思う壺になるかも。と焦りました。

 

その間に後部座席に居た女の子が這い出てきていました。

僕は慌てて駆け寄り声をかけるも、女の子を放ったらかしてインド男の相手なんぞをしていたことに猛烈に反省。

先に後部の女の子を出してあげるべきでした。

 

次回予告

 

そんなこんなで楽しい温泉旅行が一転、九死に一生の生還劇からのインド男の嘘による大ピンチです。

インド男が警察を丸め込んじゃったら、裁判とかになって逆に損害賠償請求されるかも。

 

そーなったら楽しい温泉どころか楽しいワーホリが、今後の人生が大変なことになってしまう。

 

少し長くなったので、次回へ続く。。。

 

[blogcard url=”http://float.fun/nz-accident2″]

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

コメント