トンガ王国 人の優しい太平洋の小さな島国を一か月放浪してみた

トンガ王国 南太平洋の小さな島国を一か月放浪して知りえた事 トンガ
スポンサーリンク

はい、こんにちは。

「トンガ王国」しってますか?

世界で一番初めに日付が変わる国。

ではありません。 最初に変わるのはキリバスです。

今回は僕が2年間のワーホリを終えて最初に訪れた国「トンガ王国」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

トンガ王国てどこやねん!

 

これですね。

 

日本で暮らしていてもなかなか耳にすることのない国名。僕もニュージーランドで大工さんしてた時に出会ったトンガ人大工に出会うまではほとんど聞いたこともなく、

アフリカのどこかやと思ってました。

 

トンガ王国(通称トンガ)は南太平洋のに浮かぶ島国です。そう日本と同じ島国。親近感が湧きますね。

 

ニュージーランドの北、フィジーとタヒチの間のだいぶフィジー寄りの位置です。オークランドから飛行機で3時間程。

ニュージーランドのワーホリ後に立ち寄るにはもってこいの場所にあります。

 

しかし日本からの渡航となると、オークランド経由で、成田→オークランド約10時間 オークランド→トンガタプ約3時間、乗り継ぎで待ち時間長くなると丸一日とかになっちゃいますね。

 

でも、そんだけ時間かけても行く価値ありですよ。

 

スポンサーリンク

トンガ王国ってどんな国?

 

トンガはイギリス連邦加盟国で、約170の島がある。メインの島の名前はトンガタプで、首都はヌクアロファ。トンガタプはトンガで一番大きな島やけど、

そんなに大きくなくてレンタカー借りたら一日でだいたい巡れる広さ。

 

ほかの主要な島は、トンガタプの東あるエウアはフェリーで3時間、飛行機たったの15分。ずーっと北にあるババウはフェリーでおよそ23時間、

飛行機1時間。ババウとトンガタプの中間にあるハーパイはフェリーでおよそ12時間、飛行機40分。

 

僕はトンガタプからババウまでフェリーで行きましたが、悪天候により途中のハーパイで丸2日停泊。フェリーの硬い座席で2泊しました。

ま、雨が止んだタイミングで少し島観光できたので良かったですが。

 

トンガ人はどんな人?

 

トンガは大概の人が体がデカい!何喰ってんのかっていうくらいデカいですが性格は優しい人が多いです。町ですれ違ってもみんな笑顔です。

 

車で観光してるとなぜかみんな手を振ってくれます。

レストランで相席するとココナッツくれたり、炎天下の中歩いてると車に乗せてくれたり、宿がないって困ってると泊めてくれたり。

 

僕は一か月の滞在期間の間に2件のトンガ人家族の家に泊めてもらいました。

なので一人で行ってもそんなにさみしい思いしないです。

 

トンガの言葉

 

トンガの公用語はトンガ語と英語です。

 

ですが、基本トンガ人同士はトンガ語で話してるようなので、英語はうまい人とそうでない人がいます。

しかし僕は全く英語が通じないトンガ人には合わなかったので旅行で行って困ることはないと思います。こちらが多少英語を話せれば。

 

トンガ語のあいさつは Malo e lelei マロ エ レレイ です。

 

トンガのお金

 

トンガの通貨はTOPとかいてパアンガです。

 

1TOP はおよそ48円です(2017年7月時点)。

 

物のお値段は、安宿(ドミトリー) 25TOP~、外食はだいたい10TOP、

ビールはBARで7TOPほどです。

 

トンガの気候

 

年中20℃超えで温かいです。

 

南半球なんで12月から5月までがより気温が高く、3月ころまで雨が多いようです。

6月から9月は朝晩の気温が少し低いそうですが室内ベットで寝る分には恐らく問題ないでしょう。

 

僕は6月の初めころに港で野宿しましたが、厚めの上着が必要でした。野良犬もいますので野宿はあまりお勧めしません。

 

あと蚊がひどいです。一匹二匹の問題じゃないです。

日本から強力な虫よけを持参しましょう。蚊取り線香は現地でも買えます。

 

スポンサーリンク

トンガにはどんな観光スポットがある?

 

トンガの海とビーチ

 

それはもうまず海ですね。

 

首都ヌクアロファ付近に特にビーチはないんですが、港町なんですぐそこに海です。

しかしやっぱ海といえばビーチ!白い砂浜!でしょう。ご安心ください、あります。

当たり前です、南国島国ですから。

 

トンガタプは東、南、西にかけて海岸沿いにいろんなビーチがあります。

 

がっつり泳げます。日光浴できます。魚もいます。レンタカーを借りてビーチに繰り出しましょう。レンタカーは45TOP~。

 

ビーチではないですが、Mapu’a ‘a Vaea Blowholes の岩場に打ち寄せ吹き上がる水しぶきは迫力満点です。

 

ババウでは8月9月、きれいな海でザトウクジラと一緒に泳げます。

 

 

トンガの教会

 

トンガ人のほとんどがキリスト教徒です。

 

なので街のいたるところに立派な教会があります。日曜日はみんな教会に行きます。

 

そのためトンガの人は日曜日は働きません。レストランもマーケットもすべてお休みです。

 

朝早くから大音量で歌が聞こえてくる教会もおおいです。夜も大音量です。

 

トンガのBAR

夜の娯楽施設はBARくらいしかないです。

 

首都ヌクアロファはメインの通りに3,4件ほど港の方にも4,5件ほどあったと思います。

 

夜になると大音量の音楽とともにダンスホールになり特に週末は若者たちが大騒ぎです(日曜は休み)。

 

トンガは色んなとこのに豚

 

これはあるというより、いる。ですね。初めて野良豚に会ったときはビビりました。

 

と言っても野良かどうかは定かではありませんが。

 

トンガではそこら中に豚がウロウロしています。もしたしたら全豚どこかの家の飼い豚かもしれません。

 

僕がトンガに行ったのは5月なんですが、繁殖期のあとやったんか子豚が大量にいました。

 

一匹の親豚に4,5匹の子豚がついて廻る様子はめちゃくちゃかわいいです。

トンガではめでたいことがあったりすると豚を丸焼きにするらしい。

 

僕も何度か豚が串刺しにされて焚火の上で回転しているのを目撃しました。

おいしそうでしたが、残念ながら食べる機会には巡り合えませんでした。

 

 

スポンサーリンク

トンガ王国 南太平洋の小さな島国まとめ

 

どうですか?

人が優しくて海がきれいで豚がかわいいトンガ。行きたくなってきたでしょ。

 

今後は僕が訪れた各島のことをもう少し詳しく書いていこうと思います。

 

トンガ サモア関連記事

コメント