551蓬莱の豚まんを美味しく冷凍保存する方法!豚まんファン必見!

蓬莱の豚まんを美味しく冷凍保存す方法はコチラ 551の蓬莱
スポンサーリンク

はいこんにちは。

551の豚まんって、何であんなに魅了的な姿をしているんですかね?

目に入るとついうっかりたくさん買ってしまします。

しかしこの豚まんってものは結構なボリュームなんで、食べきれなくなることが、ほとんどなんですよね。

関西で豚まん界のトップアイドルと言われている551の蓬莱においては、2コ、4コ、6コという偶数販売しかしていないので、余計に買いすぎ現象が発生しやすいんです。

ということで今回は、そんな買いすぎてしまった豚まんを上手に冷凍保存する方法を紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

551蓬莱の豚まんを美味しく冷凍保存する方法

A post shared by 宝亀ちづる (@chihan.18) on

551蓬莱の豚まんを冷凍する時は絶対にあの赤い箱のまま冷凍庫に放り込んではいけません。

凍っちゃうと1つずつに分けるのが困難になりますよ。

必ずていねいに一個ずつラップで包んでくださいね。

なんでもそうですが少し手間をかけることで、結果はかなり良くなるものです。

そしてさらにラップで包んだ豚まん達を、ジップロックなんかの密閉できる袋に入れてなるべく空気を抜いて閉めちゃいましょう。

この時は大きめのものにまとめて入れちゃってかまいません。

そうすることで、豚まんたちの鮮度を少しでも保つことができます。

スポンサーリンク

551蓬莱の推薦する豚まんの保存方法

さてこの美味しい豚まんを製造販売する「551蓬莱」はどんな風に保存するのが良いと言っているのか調べてみると、

「豚まん」や「焼売」などの消費期限は
常温で本日中です。

冷蔵庫(10℃以下)で3日間保存して頂けます。

※冷凍保存は味、品質共に落ちやすいため
あまりおすすめできません。

〜中略〜

「チルド豚まん」のお日持ちは
製造日より冷蔵庫で、5日間のお日持ちとなります。

− 参照元 551蓬莱 HP よくあるご質問 −

とのことなんですね。

美味しい豚まんの生みの親「551蓬莱」の方針では冷凍保存は推奨されていなんです。

551蓬莱のチルド豚まんと冷凍豚まんの違い

ココで出てきた、「チルド豚まん」と「冷凍ぶたまん」の違いなんですが、チルドは0℃前後でキンキンに冷やした凍るか凍らないかの瀬戸際。

冷凍は、-18℃以下のカチコチに完全に凍っている状態です。

食べのもを腐らせる原因の菌たちは、0℃前後では繁殖の速度がかなり弱まっていますがまだ生きて増えいます。

-18℃にもなると、菌たちの活動は完全に止まって腐るということは無くなるんですね。

しかし「腐る腐らない」と、「美味しい美味しくない」は別物で、やっぱり冷凍するより少しでも出来立てに近いほうが美味しいんです。

ということで、手作り出来立てにこだわる551蓬莱では、冷凍の商品は一切販売していないんです。

そして購入後の冷凍保存も推奨していないといういことですね。

スポンサーリンク

551蓬莱の豚まんを冷凍で美味しく食べれる保存期間

A post shared by kumiko.asa.nara (@kumi.asa) on

経験談によると、冷凍した豚まんを翌日に解凍して食べた時と、3日後に解凍して食べた時では味に大差はないです。

だいたい出来たての状態と比べて、8割くらいの美味しさはキープできていました。

しかし3日間だと冷蔵でも保存できる期間なので、冷凍する意味がありませんね。

さらに置いて、一週間後に解凍して食べると、味も食感も若干衰えていましたが、まだ十分美味しく食べられる状態でした。

さらに一週間くらいは置いていても大丈夫かもしれませんね。

しかし、できれば一週間以内に食べることをおすすめしますね。

そして解凍して食べる時は蒸し器を使うことをおすすめします。

レンジでも工夫すれば美味しく解凍できますが、蒸し器に勝るものではありません。

スポンサーリンク

551蓬莱の豚まんを美味しく冷凍保存する方法まとめ

ということで、今回は「粉もん」に匹敵する関西のソウルフード、「551蓬莱の豚まん」の冷凍保存の方法について紹介してみました。

 

551蓬莱の豚まんを冷凍保存する際は、

1つずつラップに包んで冷凍庫へ入れて、

冷凍保存している豚まんは1週間以内には食べる。

 

上手に冷凍して、お美味しい豚まんをキープしましょう。

冷凍庫に豚まんがあっていつでも食べれると思うと、毎日が楽しくなりますよね。

美味しい551蓬莱の豚まんで、ハッピーライフをエンジョイしましょう。

 

 

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント