タイ バンコクをボートで観光 乗り方や路線図や観光スポット 王宮とワット・ポーへの行き方

タイ
スポンサーリンク

はい、こんにちは。

先日、珍しく観光してきたので、ちょっとバンコク観光についてご紹介。

タイのバンコクをうねりながら南北に流れている川、チャオプラヤ川を行き来するボート「チャオプラヤツーリストボート」に乗って来たので、ツーリストボートの値段や船着き場、そしてその近くの観光スポットについて紹介しようと思います。

 

ワット・ポーについてはコチラの記事もどうぞ

ワット・ポーの入場料や服装について。サンダルは大丈夫か?

ワット・ポー タイ バンコク最大にして最古で涅槃仏がいる寺

バンコク ワット・ポーの近くにあるタイ料理屋「Home Cafe Tha Tien」

バンコクの王宮、ワット・ポーからワット・アルンへ行く

 

スポンサーリンク

チャオプラヤ川のボートに乗るには。

チャオプラヤツーリストボートに乗るには、BTS Silom Line のサパーンタクシン駅からすぐのサートン(中央桟橋)が一番行きやすい船着き場です。

駅を川の方に出てまっすぐ進めばすぐに着きます。

船着き場の地図です。

2つ乗り場がありますが、左側の大きい方の乗り場です。

時間によっては観光客が大勢居ますので分かりやすいです。

写真のように標識でチケットカウンターがわかりやすく案内されています。

この時はぞくぞくと観光客が集まってきていました。

停船する場所描いた簡単な路線図です。船によってはもっと広範囲で稼働していますが、今回乗ったこの青旗のボートはカオサンまでしか行きません。

この表は青旗のボートの停船する船着き場と その近くにある観光スポットや施設で、今回乗ったサートンからカオサン通りの近くのバンランプーまでの表です。

番号 名前 英語表記 周辺施設
N13 バンランプー(プラ・アーチット) Banglampoo(Phra Arthit) カオサン通り
N10 ワンラン Wang Lang 法医学博物館、シリラート病院
N★ マハラジ Maharaj 王宮ワット・プラケオ(17:30以降は通過)
N8 ター・ティアン Tha Tien ワット・ポーワット・アルン
N5 ラーチャウォン Ratchawongse 中華街(ヤワラー通り
N3 シー・プラヤ Si Phraya ロイヤル・オーキッド・シェラトン
N1 オリエンテン Oriental ザ・オリエンタル・ホテル
CP サートン(中央桟橋) Sathorn BTSサパーン・タークシン駅タクシン橋

引用:Wikipedia 「チャオプラヤー・エクスプレス」

乗船料は、写真に乗っている通り1回50バーツもしくは、1日乗り放題で180バーツです。

4回以上乗るなら1日券ですが、そんなに乗ることないと思います。

ワットアルン、ワット・ポーから、王宮、ワットプラケオまでは歩いていける距離です。

その辺の観光スポット行ってからカオサンに行っても2回乗船で行けます。帰りにもう一回もっても3回です。

チケット買ったら、写真の感じで船が着くまで待ちます。結構な人数が待ってる状況でした。

船が着くとみんなぞろぞろ並び始めます。かなりの人数ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ボートでバンコクを観光

ぞろぞろと乗り込んでいってるところです。結構キレイなボートでした。

船から見える景色は結構良い感じでした。ただ端っこの席は濡れたりします。

古い建物です。なんだろう。

なんか良さげなホテルでしょうかね。

ワットアルンのあるターティアンの船着き場です。ここで降りるとすぐにワットアルンに行けます。

ワットアルンは入場料がひとり50バーツです。

渡し船3バーツでワットポーのある対岸に行けます。

ワット・ポーに関してはコチラの記事もどうぞ

ワット・ポーの入場料や服装について。サンダルは大丈夫か?

 

スポンサーリンク

ボートを降りて王宮、ワット・ポーへ

ワット・ポーと王宮は、隣同士にあって、ワットプラケオは王宮の敷地内にあります。

なので、ワット・ポー、王宮、ワット・プラケオを巡っている内に、次の船着き場 マハラジの近くに来ますのでそのまま再び船に乗れます。

ですが、僕はもともとカオサンに直行しようと思っていたので、ターティアンを素通りしたんですが、マハラジに着いた時点で気が変わったので、急遽マハラジで降りました。

マハラジの桟橋です。この辺はなんかオシャレなエリアになっていました。

ここからはこのマハラジから、王宮の方へ行ってワット・ポーに行く道のりです。

乗っていたボートです。外から見るとなんか小さい気がします。

なんかおしゃれなエリアです。小奇麗な店があつまっています。

ここの船着き場の場所の地図です。

少しはいるとガラッと雰囲気がかわってきます。小汚い店が密集していてタイっぽいです。

タイっぽいところを抜けると、大きな寺が見えます。

寺に寄ってみることにしました。

特に観光向けの寺ではないようで、誰も居ませんでした。

グーグルマップで見ても「仏教寺院」としか載っていませんでした。

しかし立派な仏像がたくさん並んでいました。

観光地と違って静かでいい雰囲気でした。

穴場といえば穴場ですね。

白くてキレイなお寺。

大きな仏像が祀られた大きな部屋です。

寺を出て王宮の方へ向かう道です。

ここはたくさんのお店が並んでいてにぎわっています。

王宮も寺も服装に決まりがあるので気をつけましょう。

露出の多い服装はダメです。

なので写真のように条件を満たせるようにタイパンツやTなんかを売っています。

しばらく進むと王宮の前に付いたんですが、この日は週末で何かの行事が行われていたそうで、大勢の僧が王宮に入っていきました。

王宮の場所の地図です。

王宮は寺よりも服装について厳しいです。各問に銃剣を持った警備兵が立っていて、決まったとこからしか入れません。

入場の際にはイロイロチェックされます。

王宮の前をそのまま真っすぐ進むと、隣にワット・ポーがあります。

王宮はめっちゃ広いので、5分以上は歩かないといけませんが、手の前まで行くをいろんなお店が並んでいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

バンコクのチャオプラヤ川をボートを使って観光する方法について紹介しました。

ちょっと変則的なコースになりましが、最初に書いた「ターティアン」で降りてワットアルン⇒ワット・ポー⇒王宮⇒ワット・プラケオと回って、またボートに乗ってカオサンへ行くのが、効率が良いと思います。

ワット・ポーから今日紹介した僕が歩いた道を逆に行けば大丈夫ですね。

お店もいっぱい並んでいて、なかなか楽しい道ですよ。

 

ワット・ポーについてはコチラの記事もどうぞ

ワット・ポーの入場料や服装について。サンダルは大丈夫か?

ワット・ポー タイ バンコク最大にして最古で涅槃仏がいる寺

バンコク ワット・ポーの近くにあるタイ料理屋「Home Cafe Tha Tien」

バンコクの王宮、ワット・ポーからワット・アルンへ行く

 

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

コメント